人気ブログランキング |

「ダラダラ過ごすこと」と「ムシャムシャ食べること」をこよなく愛す主婦の日記


by mayayan215
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

初収穫

ワタシは、2階のベランダを使って、ときどき野菜を育てます。
今年はナス・トマト・ピーマン・キュウリに挑戦中です。

なぜかナスにやたらめっぽうアブラムシがたかるので、日々駆除に駆除を重ね、指先にアブラムシのニオイがついてきたような気がしないでもありません。
アブラムシが目もくれないのがピーマンで(虫もピーマンがキライなのか・・・??)、そのためか、早くもピーマンが実をつけました





それがコレ↓
e0080052_1655222.jpg


ムクムクと大きくなって、もうお店で売っているピーマンと遜色ないくらいの大きさになりました。
早速、収穫してみます。

e0080052_16575249.jpg


ジャジャーン!!!

大きさを比較するとこんなカンジです↓
e0080052_16585416.jpg


隣にあるのは普通のハガキです。
大体ハガキの半分くらいの大きさでしょうか?

収穫できたのが1個だけ、というのがオサミシイですが、花や小さな実がたくさんついているので、この後もたくさん収穫できそうです。


収穫すれば、次に気になるのは

といっても1個だけなので、とりあえず、おひたしにしてみました。
e0080052_172719.jpg


どんなモンかと思って口に入れてみると・・・、

うまぁーーーい!!!

めちゃめちゃウマイのです!
身内の欲目ならぬ、作り手の欲目で見てみても、実際ウマイ!
なんていうか、ピーマン独特のピーマン臭?のようなくさみがなく、すごく甘い味がするのです。
まるでパプリカ。

どうしてかなぁ??
どうしてこんなに違うのだろうか?
土だってそのへんで売っている培養土だし、肥料は油粕オンリーだし、育てるにあたっての工夫はぜんぜんしていないのですが、なぜかとても美味しいピーマンに育ってくれました。

ああ、このピーマンを、コドモ時代の「ピーマン大嫌い!」だったワタシに食べさせてあげたい。
もしコドモ時代のワタシのファースト・ピーマンがこのピーマンだったら、毎度目をうるませて鼻をつまんでピーマンを食べる、とまでキライにならなかったと思うのです。


初収穫のピーマンがあまりにも美味しかったので、他の野菜たちへの期待もおのずと高まってきます。
お前らもウマイんだろう?え?そうだろう??そうだよなぁ!??
毎日、こんな無言のプレッシャーをかけていたら、野菜もいたたまれなくなって枯れてしまうのでは、と思いますが、ワタシの期待の暴走は止まりません。

トマト!貴様!どうしてそんなに成長が遅い!?もっとサクサク伸びんかいっ!
キュウリ!貴様もだ!そんなこっちゃ夏が終わっちまうぞ!!
ナス!貴様は何をアブラムシにされるがままになっておるかっ!戦えっ!!

成長の早いピーマンが優等生なだけに、つい他の野菜に対するイラだちが募ります。
でも、一説によると、「野菜に優しい言葉をかけるとよく育つ」ということもあるそうですし、できるだけ優しく朗らかに接してあげないといけないですね。
その一方で、「水よ、肥料よ」と、甘やかして育てるより、「水少なめ、肥料もほどほど」と、若干サディスティックに育てたほうがよく育つ、ということもあるようです。(野菜はMっ気があるのか?)

厳しくしてもダメ、甘やかしてもダメ、なんて、まるで育児に悩む親御さんのようなキモチです。
野菜も、悩みながら手塩にかけた分だけ、かわいくなるのかもしれませんね。
良い子に育ってほしいものです。
by mayayan215 | 2007-06-14 17:31 | 食生活