「ダラダラ過ごすこと」と「ムシャムシャ食べること」をこよなく愛す主婦の日記


by mayayan215
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

やる気がニョキニョキ

先日、新しい観葉植物を買いました。

アイビーのようなツル性のもので、黄色い花が咲くそうです。
「花が咲くなら楽しみでいいなぁ♪」と思い、買いました。

早速、鉢に植え替えたところ、数日して根がついたらしく、新しい枝が伸びてきました。
それがどうにも変なのです。




「ツルが伸びても大丈夫なように」と思って、鉢に高い足をつけて、下にツルがしだれるように設置したのですが・・・。

でも・・・、なぜか、ツルが、上に伸びるんです。

e0080052_23543551.jpg



なんかこう、両手を天に突き出すようなカンジで伸びてます。
「我に光を・・・」という声がどこかから聞こえてくる気がします。
(光は十分に与えているのですが・・・)

この触手のようなツルが、毎日、少しずつ伸び、向きを替え、少しずつ上を目指しているようなのです。

毎朝、少しずつ変化しているツルのやつを見るたびに、うすらキモチ悪くなってきました。

いつか、後ろから忍び寄られて、気がついたらツルをぐるぐるに巻かれて、ガバッと空いた花が口になってて(ついでに言うと牙もはえてて)、ツルでずるずる引き寄せられながら、ワタシもはなも食われちまうんじゃないか。。。

うわぁー!コワイィーー!!ヒィー!!!

朝っぱらからそんな妄想をしてしまうくらい、ツルが不気味に成長していくのです。

このツルも、いつか「上に行ったって何にもありゃしないな」と分かって、大人しく下向きにしだれてくれる日が来るのでしょうか?
早く、現実と己の実力の限界に気付いてくれ、ツルよ。
[PR]
by mayayan215 | 2006-11-14 23:45 | 日常