「ダラダラ過ごすこと」と「ムシャムシャ食べること」をこよなく愛す主婦の日記


by mayayan215
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ワタシと迷惑メールとセキュリティソフトの攻防

ここ半年くらいの間、ワタシのところに届く迷惑メールが急激に増えました。
理由はよく分かりません。
どこかで情報流出しちゃったのかな?
くそっ!(-公-)

毎日毎日、ダラダラすることとムシャムシャ食うことで多忙を極めているワタシなのに、メールボックスを開けるたびにポチポチ消していかなければなりません。
面倒くせぇなぁ・・・もう・・・。

そんな、ワタシを悩ませる迷惑メールですが、最近、傾向が変わってきました。





今までは、

差出人:ダラ山ムシャ子(例)
タイトル:こんにちは(例)

と始まり、エロい内容が書き綴られている・・・といったものが多かったように思います。
「人妻紹介します!」とか書いてるけど、人妻に人妻紹介してどうする。
友達になれってか?


が、最近は、

差出人:○○(例)
タイトル:ダラ山ムシャ子様よりメールをお預かり。(例)

みたいなタイプが増えてきました。
なんか、SNSのメッセージ機能とか意識してるのかな?

先日など、「小池徹平様より・・・」とタイトルに書いてあったときがあり、完璧ウソと分かっていても、一瞬うれしいキモチにさせられちゃったときがありました(チクショー!゚Д゚)
くそっ!人の弱さにつけこんで・・・。
一瞬、「本当にそうだったらいいのになぁ・・・」なんて妄想しちゃったじゃないかっ!!
もらえるものならもらってみたいよっ!

このテの「有名人に関連付けたタイトル」のものにはいろいろなバリエーションがあるのですが、主なのは、「速水まこみち」とか「小泉純二郎」とかの『一字違いで大違い』なタイプです。(余談だけど、政権変わったばかりなのに小泉ってどうなんだろう?ひょっとして安倍になったって知らなかったのかな?)
あるときなど、秋山森乃進と銘打ったメールがやってきて、「ここまできているとは・・・」と、対象の範囲の広さに妙に感心してしまいました。(ちなみに秋山森乃進の歌(ミニバン覚え歌)はコチラで視聴できます)


一応、PCには、某社の「○ンターネット○キュリティ」というセキュリティソフトも入れているのですが、あんまり役に立ってくれません。
「スパム設定」という機能があって、迷惑メールの送信元を記録しておくと、受信フォルダに入らないようにしてくれるのですが、送られてくる迷惑メールは、毎回送信元が違うもんで、スパム設定があまり効果を奏していません。

しかも、このソフトが実に偏屈な性格で、人の話を聞かないというか何というか、ワタシがせっかく「これはスパムですよ」という設定をかけても、最初のうちはちゃんと仕事してくれるのに、しばらく経つとすっかり忘れて受信フォルダに放り込んでしまったりします。
もちろんワタシ的には困るので、もう一度「これはスパムですよ」という設定をかけるのですが、しばらくするとまた同じミスを繰り返したりします。
最初の返事だけはいいんですけどねぇ・・・。

その上、ちゃんと購読しているメルマガを、ある日勝手にスパムフォルダに入れちゃったりもします。
「最近あのメルマガ届かないなぁ・・・」と思っていたら、いつの間にやらスパムフォルダに入っているんですよ。
「勝手な判断やめてよー」と思いつつ、「これはスパムではありません」という設定をかけると、これまた返事だけはいいのですが、次もやっぱりスパムフォルダに入れちゃうのです。
「だからスパムじゃないって言ったでしょ!」と、半ばムカつきながら、再度「これはスパムではありません」という設定をやろうとしたら、このソフトのやつときたら、「じゃあ『過去○回読んでないメルマガはスパムにする』っていうルール(注:ソフトが勝手に作ったルール)は破棄していいんですね?どうなっても知らないから別にいいけど」的な警告を出して応酬してくるではありませんか!
逆ギレかよっ!!
貴様!誰がご主人様だと思っている!?


というワケで、このソフトとちょっと険悪な仲になっていることもあり、今のところ、手動で削除する以外、対処法が見つかりません。
仕方がないので、都度、プチプチプチプチ消しています。
そうやって、せっかくがんばっているので、こうやってワタシの敵(迷惑メールおよびセキュリティソフト)の傾向を読んでツッコむくらいしないと気がおさまりません。
でも本当は、「送られてこない」というのがいちばん望ましいのですけどね・・・。
[PR]
by mayayan215 | 2006-10-16 16:10 | 日常