「ダラダラ過ごすこと」と「ムシャムシャ食べること」をこよなく愛す主婦の日記


by mayayan215
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

誤解が生まれるとき

おかげさまで、風邪が治りました。

いやぁー、今回の風邪は長かったです。。。
熱が下がったと思ったら、今度はお腹が痛くなって・・・と、なかなか治りきりませんでした。
(いきなり景気の悪い話ではじまってスミマセン)

そして今日、半年に一度の「掃除当番」が回ってきました




まるでワタシが元気になったのを見計らったかのように、ナイスな(?)タイミングで当番が回ってきたので、こんな当番にも運命を感じてしまいました。

この「掃除当番」は、ゴミ収集車がゴミを回収して行った後、ゴミ集積所に出向いて、その場を掃除しておく、というものです。
各戸の持ち回りで一日だけやればいいので、楽なものです。
しかも、ワタシが当たった水曜日は「プラスチックゴミの日」なので、燃えるゴミ(=生ゴミ)のようにネコやらカラスやらに荒らされる、という心配もなく、ますますもって楽なもの、なのです。

「『運命』の当番だし、いつもよりがんばってやるぞー!」と、心の中で雄たけびあげながら、ゴミ集積所に行ってみました。

ところが、

「なんじゃこりゃー!!」

キレイに回収されているはずの集積所は、なんと、不法投棄の嵐。
今日は「プラスチックゴミの日」なのに、なぜか「燃えるゴミ」がっ!なぜか「束ねた少年ジャンプ(=古紙ゴミ)」がっ!そしてそして、なぜか「破れたビニール傘」までもがっ!!

おそらく、収集車が去った後に投棄されたものなのでしょう。
たまに、このテの不法投棄が行われることがあるのですが、今日の量はハンパではありません。
こんなにたくさん、そしてバラエティーに富んだ不法投棄の現場に遭遇したのは初めてです。

こうした場合は、掃除当番の人にとってもいかんともしがたいので、次の収集日まで集積所に放置しておいて良い、とされています。
しかし、「収集不可能な状態」にされているゴミ(たとえば、散乱しているクズや、ゴミ袋に入っていないもの、など)は、当番さんの責任で「収集可能な状態」にしなければなりません。

「破れたビニール傘って、何ゴミになるの・・・?」

当惑しつつも、とりあえず、その他の散乱しているクズを拾い、集積所を掃き清めます。
ビニール傘の扱いについては、家にある「ゴミ出しマニュアル」で確認しなければ分かりません。
そのため、作業を一度中断して、家に帰りました。

ワタシは、その後、クルマで外出する予定があったので、
「(外出先に向かう途中で)クルマを集積所の近くに停めて、作業の続きをしよう」
と考え、クルマで集積所に向かいました。

そして、集積所でビニール傘をゴミ袋に入れる作業をしていると、背後から冷たい視線が・・・。
ふりかえると、通りすがりの人たちが、
「てめぇ、なにやってんだ?(怒)」的な視線をワタシに向けています。
「???」と困惑していたワタシですが、そこでハッと気付いたのです。

ワタシ、不法投棄していると思われてる??

そりゃそうですよね。
収集時間外に、クルマでやってきて、怪しいゴミ(=破れたビニール傘)を袋に詰めようとしている。
不審です。不審人物です。

「違います!チガイマス!!」と弁明したいところですが、みなさん、冷たい視線を投げるだけ。
せめて、「何やってんだ!」と声に出して言ってくれる誰かがいれば、「これはカクカクシカジカです」と、事情を弁明できるのに・・・。

こういう、「いかんともしがたい誤解」が生まれたときって、何ともいえないやるせなさを感じます。
当番、がんばったのにな・・・。トホホ。
[PR]
by mayayan215 | 2006-03-22 22:57 | 日常