「ダラダラ過ごすこと」と「ムシャムシャ食べること」をこよなく愛す主婦の日記


by mayayan215
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

地震

昨日、こちら横浜(ていうか関東一円)では地震がありました。
横浜は震度4
けっこうデカかったです。
ワタシはお約束どおり気が動転してしまって、とりあえず、はなを、ワタシのふくよかな腹の下に隠すことで守ろう!と、そればかりでした。

でも今回いちばん困ったのがJR




ニュースでも報道されてましたが、昨日、主に横浜方面のJR各線はのきなみ運行停止。地震があったのが午後8時半くらいだったんですけど、運行再開は翌日午前0時
JRは、ひとたび地震が起きれば、点検、点検、また点検、で、3~4時間くらい電車停めておくよう、マニュアルで指示されているようです。私鉄はちゃんと動いてたのにね・・・。

特に、今回の地震は、ちょうどサラリーマンのみなさんの帰宅時間にクリーンヒットしてしまったため、うちのダンナも帰ってくるが大変でした。
わが家はJR沿線に住んでいるので、「ダンナ、ひょっとしたら今日はカプセルか?」と思っていましたが、私鉄を乗り継いで何とか帰ってきました。
いつも1時間くらいで帰ってくるところ、実に、倍の2時間かけて帰ってきました。

ねぎらいのキモチもあって、ダンナが駅についた午前0時半頃、駅までクルマで迎えに行ったのですが、駅前もいつもの倍以上のにぎわい。深夜なのに、ゴールデンタイムに負けないくらいの人出。みなさん、大変だったんですね・・・。
それに応じて、お迎えマイカーもたくさん走り、タクシープールには長蛇の列ができ、と、普段は静かなベッドタウンの駅が、まるで不夜城のような活況を呈していました。

また、わが家のある住宅街も、通常の深夜には人や車の通行はほとんどないのですが、昨日に限っては、タクシーがガンガン走りまくっていました。
しかも、「品川」などの都内ナンバー。
きっとお勤め先から直接タクシーで帰ってこられた方が多かったのでしょう。
こんな郊外にタクシーで帰るには、高速代や深夜割増なども加算すると1万5~6千円くらいになります。
昨夜だけは、「バブルの再来か?」と思うほど、タクシーがビュンビュン飛び交っていました。

それもこれも原因はすべてJR。
震度4で何時間もかけて点検しなきゃならないほどJRの線路や高架は脆弱なのかい?言っちゃ悪いけど、震度4でどうこうなっちゃう・・・って、耐震偽造でもされてんのかい?って、あることないこと疑いたくなっちゃいますよ。
確かに、点検も大事だけど、沿線の人の生活も大事なのよん・・・。それを少しは分かってね、JR。
[PR]
by mayayan215 | 2006-02-02 15:39 | 日常